LogSurfer を Ubuntu と CentOS にインストールする

で LogSurfer について紹介していますが、今回はこのインストール+簡単な設定方法を説明します。確認したのが Linux の Ubuntu 12.04 と CentOS 6系ですが、コンパイルしてインストールしている為、Unix 系サーバであれば通常は同じ手順でインストールができると考えられます。

まず Ubuntu と CentOS への LogSurfer のインストール方法について説明し、設定方法も説明します。参考リンクは以下になります。

(more…)

次世代のリアルタイムログ監視ツール LogSurfer

リアルタイムにログを監視したい時って何のツールを使っていますか?私は swatch が簡単で好きだったのですが、最近動きが無かったり、perl の関連ライブラリをインストールしなければならなかったりで代わりのログ監視ツールを探していました。

そんな時この LogSurfer を見つけ、しっくり来る感がばっちりなところが気に入ったので今回紹介します。

(more…)

ログファイルローテートの仕組みと扱い方

インフラ運用をしていて必ずと言っていいほど発生するのがディスクサイズの増加です。 (more…)

障害時の切り分けでできること(3)

インフラ運用中の障害に対する切り分け方法に関する記事です。これまで SSH でログイン()し、top で簡単な状況分析()をするところまでを説明しました。

(more…)

障害時の切り分けでできること(2)

インフラ運用時に発生する障害の切り分け方法についての前回()の続きです。

(more…)

障害時の切り分けでできること(1)

障害が発生した場合、一時切り分けが必要になりますが、それってどうやって行っていますか?

(more…)

ハードディスクの遅さと戦う為に知っておきたいこと

インフラ保守・運用を行う上で日々技術者を苦しませる負荷に関する話題です。ハードディスク(HDD と略)はシステムの中で常に足を引っ張る存在です。

SSD が進化してきてはいても未だこの状況は変わりません。仮に HDD がメモリの性能を抜く日が来るのであれば確実にメモリは不要となるでしょう。

(more…)

それでも早いメモリを使ってみる(2)

インフラ運用・保守を行ってゆく上で重要な負荷についての話題です。 同様メモリの使い方について考えてみます。今回は負荷というよりもメモリリソースの効率的な利用方法について触れていると言えるかもしれません。

メモリは高速でこの能力を 100% 活かせればアプリケーションの性能向上に繋がることは言うまでもありません。ただ、100% ギリギリまで使い続けてるようなシステム等見たことがありません。

(more…)

それでも早いメモリを使ってみる(1)

インフラ保守・運用を行う上で重要な負荷に関する話題です。 では CPU について触れましたが、今回はメモリについて考えます。

メモリは でも記載した通り「CPU レジスタ > メモリ > ハードディスク」とハードディスクよりも高速です(具体的な数値は複雑になる為触れません)。

SSD 等が話題になりハードディスクも高速になりつつありますが、未だメモリ=主記憶装置、ハードディスク=補助記憶装置と位置づけられている通り愕然とした性能差が存在します。

(more…)

CPU 負荷について思うこと

インフラ運用・保守をやっていてよく CPU 使用率超過状態に遭遇します。今回はこれが何を意味しているか考えてみます。

最近のサーバでは CPU は数コアを積んでいて top コマンド実行時に "1" キーを入力すると CPU 単位の利用率が表示されます(Linux)。

top コマンド例
$ top
top – 21:11:46 up 2 days, 21:26, 1 user, load average: 0.06, 0.08, 0.03
Tasks: 148 total, 1 running, 147 sleeping, 0 stopped, 0 zombie
Cpu(s): 1.7%us, 0.2%sy, 0.4%ni, 97.5%id, 0.2%wa, 0.0%hi, 0.0%si, 0.0%st
Mem: 1546096k total, 1486956k used, 59140k free, 224040k buffers
Swap: 2097136k total, 0k used, 2097136k free, 710312k cached

PID USER PR NI VIRT RES SHR S %CPU %MEM TIME+ COMMAND
1 root 15 0 2072 624 532 S 0.0 0.0 0:00.51 init
2 root RT -5 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.00 migration/0
3 root 34 19 0 0 0 S 0.0 0.0 0:00.30 ksoftirqd/0

top コマンドの後 "1" を入力した例
$ top
top – 21:11:33 up 364 days, 9:59, 2 users, load average: 0.04, 0.05, 0.04
Tasks: 203 total, 1 running, 202 sleeping, 0 stopped, 0 zombie
Cpu0 : 0.3%us, 0.0%sy, 0.0%ni, 99.7%id, 0.0%wa, 0.0%hi, 0.0%si, 0.0%st
Cpu1 : 0.0%us, 0.0%sy, 0.0%ni,100.0%id, 0.0%wa, 0.0%hi, 0.0%si, 0.0%st
Cpu2 : 0.3%us, 0.0%sy, 0.0%ni, 99.7%id, 0.0%wa, 0.0%hi, 0.0%si, 0.0%st
Cpu3 : 0.3%us, 0.0%sy, 0.0%ni, 99.7%id, 0.0%wa, 0.0%hi, 0.0%si, 0.0%st

Mem: 1942836k total, 1834760k used, 108076k free, 44452k buffers
Swap: 4194232k total, 1945216k used, 2249016k free, 398084k cached

PID USER PR NI VIRT RES SHR S %CPU %MEM TIME+ COMMAND
2 root 15 0 2300 1068 792 R 1 0.1 0:00.03 top
1 root 15 0 2040 568 536 S 0 0.0 0:09.12 init
※赤で着色した箇所が CPU が個別に表示されている部分

(more…)