5.1. ノードを承認する・拒否する – GlusterFS Community ではじめる分散ファイルシステム

ノードを承認する

構文

gluster peer probe <ホスト>

利用例

# gluster volume peer probe server02
# gluster volume peer probe 192.168.33.30

GlusterFS ではボリュームを作る前に互いのノードを承認しておく必要があります。これはノードの承認と呼びいずれか1つのノード上で他のノードに対して行います。

ホストの指定はホスト名でも IP アドレスでも構いませんが、承認したノード(peer:ピアと呼びます)の一覧を表示する際にこの情報がそのまま表示されます(ホスト名で指定したならホスト、IP アドレスであれば IP アドレス)。

なお、ボリューム作成時にブリックとしてホストを指定しますが、このホストはホスト名でも IP アドレスでもどちらでも構いません。

ノードの承認を解除する

構文

gluster peer detach <ホスト>

利用例

# gluster peer detach server02
# gluster peer detach 192.168.33.30

ピアとなったノードを解除する場合はノードを承認する同様いずれか1つのノード上で他のノードに対して行います。

既に何らかのボリュームが作成されそのボリュームのブリックに承認を解除したいノードが存在している場合はそのノードのブリックをボリュームから削除しておく必要があります。

ブリックをボリュームから削除するにはボリュームを作る・削除するを参照して下さい。

承認ノードの一覧を表示する

構文

gluster peer status

利用例

# gluster peer status
Number of Peers: 3
Hostname: 192.168.33.20
Uuid: d4a31d8b-8eaa-4833-913e-3d5d45552d0e
State: Peer in Cluster (Connected)

Hostname: server03
Uuid: 1b232e41-ab35-40c7-a5bd-0765f2a164c4
State: Peer in Cluster (Connected)

Hostname: server04
Uuid: e46a8961-7cd4-41bf-aebc-c9d357508882
State: Peer in Cluster (Connected)

承認したピアの一覧を見るには gluster peer status コマンドを使います。ノードを承認するでも記載しましたが、ピアとして承認した時にホスト名で指定していればホスト名が、IP アドレスで指定していれば IP アドレスが表示されます。

gluster peer status コマンドを実行した時の各項目の説明は次の通りです。

  • Hostname:ホスト(ホスト名か IP アドレス)
  • Uuid:GlusterFS が一意にホストにつける ID
  • State:承認可否と接続ができているか
No Comments - Leave a comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*