GlusterFS を Ubuntu と CentOS にインストールする

GlusterFS Community の特徴について で紹介していますが、今回は Ubuntu(12.04 LTS) と CentOS(6系) へのインストール方法を説明します。

GlusterFS は RPM にせよ、dep にせよ異なるインストール方法が紹介されているケースが多いのですが、本記事では GlusterFS Community 公式のリポジトリを使って最新版をインストールする方法を紹介します。


GlusterFS が提供するパッケージ

GlusterFS では RPM と dep でいくつかのパッケージを提供しています。利用者はサーバ・クライアントに合わせて適切なパッケージをインストールする必要があります(ついでに言うと GlusterFS は 64bit 版のみ)。

以下は yum(RPM) で提供される代表的なパッケージです。

パッケージ 説明 クライアントで必要 サーバで必要
glusterfs 共通ライブラリ(トランスレータモジュール)?
glusterfs-fuse fuse クライアント
glusterfs-rdma rdma(InfiniBand 等)用のモジュール rdma 利用時
glusterfs-server サーバ
glusterfs-geo-replication geo-replication(※1)用のパッケージ geo-replication 機能利用時

※1 geo-replication:遠隔サイト間で GlusterFS のレプリケーションを行う機能

yum ではクライアントは glusterfs-fuse と glusterfs、サーバ側では glusterfs-server (RDMA ベースであれば glusterfs-rdma も)と glusterfs をインストールします。

以下は apt-get(dep) で提供される代表的なパッケージです。

パッケージ 説明 クライアントで必要 サーバで必要
glusterfs-common 共通ライブラリ(トランスレータモジュール)
glusterfs-client GlusterFS クライアント
glusterfs-server サーバ

apt-get ではクライアントは glusterfs-client、サーバ側では glusterfs-server のみインストールすれば共通ライブラリ等も依存関係として一緒にインストールされます。

なお、クライアントと言っても、NFS や CIFS でマウントしたい場合は glusterfs のクライアントは不要です。NFS や CIFS クライアントのパッケージをインストールしておいて下さい。

Ubuntu 12.04 LTS に GlusterFS をインストールする

まず Ubuntu 12.04 LTS に GlusterFS をインストースします。Ubuntu でファイアウォールを利用している場合、111(tcp/udp)、24007-24020(tcp)、38465-38490(tcp、NFS 利用時、利用状況に応じて増やす)を開ける必要があります。

$ sudo ufw status
$ sudo ufw enable # ファイアウォールを有効にしたい場合
$ sudo ufw default DENY # デフォルトを拒否に設定
$ sudo ufw allow proto tcp from 192.168.1.0/24 to any port 111
$ sudo ufw allow proto udp from 192.168.1.0/24 to any port 111
$ sudo ufw allow proto tcp from 192.168.1.0/24 to any port 24007:24020
$ sudo ufw allow proto tcp from 192.168.1.0/24 to any port 38465:38490

次に GlusterFS Community が提供する apt 用のリポジトリを追加します。

$ sudo apt-get install python-software-properties # add-apt-regository コマンドが無い場合
$ sudo add-apt-repository ppa:semiosis/ubuntu-glusterfs-3.3
$ sudo apt-get update

続いて GlusterFS をインストールします。

$ sudo apt-get install glusterfs-server # サーバをインストールしたい場合
$ sudo apt-get install glusterfs-client # クライアントをインストールしたい場合

OS が起動した時に GlusterFS も一緒に起動したい場合は次のコマンドも実行しておきます。

$ sudo update-rc.d glusterfs-server defaults

これで Ubuntu へのインストールは完了です。

CentOS 6系に GlusterFS をインストールする

次に CentOS に GlusterFS をインストールします。一応 6系で試していますが、5系等でも利用できると考えられます。

まずファイアウォールですが、これも Ubuntu 同様 111(tcp/udp)、24007-24020(tcp)、38465-38490(tcp、NFS 利用時、利用状況に応じて増やす)を開ける必要があります。

次に GlusterFS リポジトリを使えるようにします。

$ cd /etc/yum.repos.d
$ sudo wget http://download.gluster.org/pub/gluster/glusterfs/LATEST/RHEL/glusterfs-epel.repo

続いて GlusterFS をインストールします。

$ sudo yum install glusterfs glusterfs-server # サーバをインストールしたい場合
$ sudo yum install glusterfs-rdma # サーバ側で rdma を使う場合
$ sudo yum install glusterfs glusterfs-fuse # クライアント(TCP)をインストールしたい場合

これで CentOS へのインストールは完了です。

【お勧め】GlusterFS

No Comments - Leave a comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*