Varnish を CentOS にインストールする

今回は で紹介したリバースプロキシである Varnish のインストール手順を紹介します。

Varnish を CentOS にインストールする

CentOS 5系で試したインストール方法です。

# rpm --nosignature -i http://repo.varnish-cache.org/redhat/varnish-3.0/el5/noarch/varnish-release-3.0-1.noarch.rpm
# yum install varnish

Varnish はデフォルトではアクセスログ(1行1アクセス形式のログ)の出力をしない為、出力するようにしたければ varnishncsa を起動しておきます。

# service varnishncsa start

また、冗長なアクセスログを出力するようにしたければ varnishlog も起動しておきます。

# service varnishlog start

OS 起動時に一緒に Varnish も起動したければ以下も一緒に実行します。下の例は varnishncsa と varnishlog も一緒に起動しています。

# chkconfig varnish on
# chkconfig varnishncsa on
# chkconfig varnishlog on

CentOS における Varnish のインストール構成

CentOS の場合以下のように Varnish がインストールされました。

/etc/varnish/default.vcl

Varnish が使う VCL で記述する設定ファイル。URL のリライトやキャッシュ条件等、ほとんど全ての設定はこのファイルで行います。

/etc/sysconfig/varnish

Varnish 起動オプションを設定します。Varnish が待ち受けるポートを増やしたり変えたりしたい場合やキャッシュを持つ場所(デフォルトはメモリ)を変えたい場合はこの設定ファイルを変更します。

/var/log/varnish/varnishncsa.log

Apache が出力するような 1行に 1アクセス形式のログが出力されます。

/var/log/varnish/varnish.log

varnishlog が出力するログですが、バイナリファイルになっています。閲覧したい場合は varnishlog -r [varnish.log] で見ることができます。

【お勧め】リバースプロキシ関連の記事

No Comments - Leave a comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*