CentOS 5.x に keepalived をインストールする(1)

今回は CentOS 5系に keepalived をインストールする手順を説明します。keepalived 自体はインフラを構築する上で負荷分散と冗長構成の両方の機能を備えておりある程度の機能を満たしています。

ipvsadm のインストール

最初に keepalived をインストールする前に ipvsadm をインストールします。ipvs 自体は CentOS では最初から kernel オプションとして含まれており利用可能ですが、これを制御するのが ipvsadm になります。 その為、kernel が提供する ipvs 機能と同じバージョンの ipvsadm 及び keepalived が必要になります。

$ su –
# yum install -y kernel-devel
# grep IP_VS_VERSION_CODE /usr/src/kernels/2.6.18-194.32.1.el5-x86_64/include/net/ip_vs.h
[結果] #define IP_VS_VERSION_CODE 0x010201

a

【お勧め】負荷分散関連の記事

【お勧め】インストール関連の記事

No Comments - Leave a comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*